日本語能力試験が変わります!
試験の年複数回化実施と改定新試験実施について-
中文版.pdf
日本語学習者数の増加に伴い、日本語能力試験の受験者数もここ数年で増加の一途をたどっています。2007年12月の第24回日本語能力試験は、中国では29都市59会場で実施され、約20.2万人の方が受験する過去最大規模の試験となりました。海外の日本語能力試験受験者数の内、約半数が中国の受験者です。(中国での試験実施は国際交流基金および中国教育部試験センターが共同実施)
この度、みなさまにとって利用いただきやすく、より一層信頼性と実用性の高い試験にするため、試験の実施回数を年2回とするとともに、試験内容も刷新いたします。
2009年から試験が1年に2回実施に
従来日本語能力試験は全世界で毎年12月に1回実施されてきましたが、2009年7月からは、毎年7月と12月の年2回、試験を実施する事となりました。

2010年から試験が新しくなります
日本語能力試験は1984年に始まってからすでに20年以上が経ちました。1984年の開始時の受験者数は7千人あまりでしたが、2007年度には受験者数は52.4万人、実施会場は海外49カ国地域の137都市で実施されるまでに拡大してきました。これまでに実施してきた試験の成果を反映し、より実際に社会で役立つ日本の能力を測る試験とすべく、試験が改定されることとなりました。
今回の試験改定では、現行試験の4レベルから5レベルに変更される事になりました。

N1:現行試験の1級と合格レベルはほぼ同じですが、従来より若干高めの範囲まで能力測定ができるように改定します
N2:現行試験の2級とほぼ同レベル
N3:現行試験の2級と3級の間のレベル
N4:現行試験の3級とほぼ同レベル
N5:現行試験の4級とほぼ同レベル
その他改定の詳細内容(サンプル問題等)については、追って国際交流基金ホームページで公表の予定です。
本件に関するお問合せ:010-8567-9511(国際交流基金北京事務所)

Back